So-net無料ブログ作成
   

2012.09☆富士見高原療養所 [S5 Pro/古い建物]

 
 
解体されるとの情報を知り行ってきた。遠かった。
 
  
 
毎日のニュースは欠かせない。
なぜなら“事件好き”だからだ。
そんな8月の下旬。ニュースを見ていると…
とある療養所が解体されるとの情報が!!!
諏訪。。。諏訪かー。つうか長野県諏訪郡富士見ってどこだ? 
いろいろ調べてみると…ふむふむよく行く?茅野の先かー。。。。
どうしようっどうしよう。
一般公開は9月2日(日)まで。
更にまたいろいろ調べているとますます行きたくなり
この療養所目的で高速を約250km走らせる(爆)(爆)(爆)
なんでだか呼んでいる気がした。。。(ていうかヒマだった)
 
ここでミラクルが。
朝9時目標で適当に出発したのだがなんと病院に着いたのが8時58分!ミラクル!!!w
一番乗りか?と思ったら、解体情報を聞いた人たちが結構集まっていた!
 
 
DSCF7618.jpg
こちらは裏手です。
正面玄関というものは今存在していなく新病棟との通路口に変わっていて
「写真とちがう〜〜〜」
「写真とちがう〜〜〜」
前もって見ていた建物と形が違う〜〜〜〜
 
http://www.lcv.ne.jp/~kougen/institution/museum00.html
 
 
 
DSCF7644.jpg
2階部分が一般公開場所。
1926年、大正15年に設立。
ここはその設立当時の病棟なんです。
設立当時は総合病院でしたが経営難で一度解散しました。
しかし、初代所長の正木俊二先生は不治の病とされた結核治療の
「大気開放安静療法」と「日光療法」の環境にこの地が適していると
結核患者の療養所(サナトリウム)として
「株式会社富士見日光療養所」を昭和3年に開設したそうです。
 
 
 
DSCF7640.jpg
初代所長の正木俊二先生は医師でもあり小説家であったこともあり
設立時より、多くの著名人が入所していました。
その中に竹久夢二。
「風立ちぬ」の堀 辰雄。婚約者の矢野綾子も結核で亡くなっています。
ここの病棟はその結核の歴史や資料を展示していました。
しかし老朽化と新病棟拡張のために解体決定。
 
各病室には著名人ゆかりの資料や当時使われていたタイプライターなど
昔の器具なども展示されていて…
うぉータイプライター! 畳のベッド!
と撮影しようとしたら…
【ピピーーーー! ピピーーーー!】
 
「へ?」
 
ピピーーーっっ
 
各病室は著作権などなどにより撮影禁止です!!!!!
 
えーーーーーっっ そそそそ、、、そんなぁ!

撮影は通路と階段だけです。
えーーーーっっっっ 聞いてないよーーーーー。
つうか文学はあのちょっと興味なく(爆) 
木枠のサッシとか器具とか撮影したかったのに〜〜〜
 
完璧拍子抜けです。
260km以上走って来たのに〜〜〜
 
 
DSCF7633.jpg
いやぁ〜悲しいのなんのって。。。
ドアノブ撮ってやる!!!
 
 
 
DSCF7637.jpg
この中が撮りたい〜〜〜〜
 
 
 
DSCF7654.jpg
著作権あるもの片せって。。。まじで
 
最近、著作権だのプライバシーだのうるさいよねっ
f[]ceb[]ok見てみろっっプライバシー全開だぞ!みんな!    (えっっ虫食い文字)
 
 
 
DSCF7681.jpg
仕方ないので他の部分を舐めまわす様に撮る。
ていうかみんな注意されてました。
でもなんで、そもそもそんな物を撮ろうとするのか。
よく考えてみると不思議だよね(爆)
やっぱり「無くなる」ということにより記念を撮りたいと思うのかな。みんな。
 
 
 
DSCF7696.jpg
めずらしくハイキー写真が撮れました。
なるほど感度をハンパなく上げるのか。。。ふむ
 
 
 
DSCF7699.jpg
あぁもう下にさがってきてもーた。
 
 
 
DSCF7705.jpg
空が青いや…。 ピピーーーっっ
 
 
 
DSCF7709.jpg
正面より左側病棟です。
こちらは今回未公開でした。
 
 
 
DSCF7725.jpg
正面より右側病棟です。
この2階が公開部分です。
この建物の前には解体工事関係のプレハブが…
 
 
 
DSCF7735.jpg
このベランダで日光浴したんでしょうかね。
この療養所は数多くの映画の舞台となり、ここで撮影もあったそうです。
「風立ちぬ」では山口百恵と三浦友和が共演していました。
 
 
 
DSCF7737.jpg
ここで見知らぬおじさんが
「写真撮ってもらってもいいですか」
おじさんと建物の写真を撮ってあげました。
なんでもおじさんは仙台からはるばる新幹線で来たんだって!!!
なんというっっなんというっw
なぜーーーー
 
おじさんもさぞガッカリでしょうね。
展示室は撮影禁止。 (まだ言うか)
解体だもんねー。もうこの姿は一生見ることないでしょうね。
 
もっとたくさんの著名人が入所していたんですが、記憶が…
記憶にあるのは最期の時。そこばっかり資料読んでいました。
竹久夢二は最期の瞬間、
手厚い看病をしてくれた院長達に「ありがとう」と言って息をひきとったそうです。
うぅっ(泣) 
 
 
 
DSCF7744.jpg
外に戻ってきました。
大正時代かーーー。 約90年前かぁ。
 
 
 
DSCF7747.jpg
結核は今は薬で治る時代だけど昔は不治の病。
約90年だから今から90年後は
今のあり得ない病気が薬で治るんでしょうね。
そう思うと、薬の出来た時代で長生きする人生を送る送らないが決まる。。。
運命としか言いようがないですね。
薬って。。。薬って。。。
 
 
 
DSCF7749.jpg
展示室はNGだったけど、隅々まで堪能することができました。
結核の勉強もできました。ちょっと
このブログをアップする頃は解体が終わっているでしょうね。ゴクンッ 泣
 
 
 
 
あ、ところでデジタルと一緒にNikomatも同行w

<Nikomatはコチラ>
http://mocomarimoco.blog.so-net.ne.jp/2012-09-25
 
 
  
 
 
nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 6

仮名・ひまわり

 貴重な写真ありがとうございました。昨日も「風たちぬ」の映画を見に行きました。堀辰雄・矢野綾子さんと同時に、富士見高原療養所がどんなところかとても興味が売りました。
 新聞記事には、写真が一枚しか残っており、解体された今、この写真は貴重な資料になると思います。本当にありがとうございます。
by 仮名・ひまわり (2013-08-11 20:10) 

moco

私はもともと建物目的で訪れたのですが
ジブリが映画を作っているなんて全然知りませんでした。
もっと資料を真剣に読んでくれば…後悔しています。。。
そこに入院していた著名人の方の資料など
たくさん展示されていました。
解体は残念なことです。
by moco (2013-08-12 00:32) 

はな

ずっと竹久夢二が好きで、ここの療養所のことは知っていたのに今日まで検索したことがなかったです。
行けるんだ!と思ったのもつかの間。もう取り壊されているのですね。
病院なのに、懐かしいっていうか、あーここなのかっていうか。暗い気持ちにならなかったことが不思議です。
たくさんの写真ありがとうございます。
不謹慎ですが、少なからず、思いがけず、幸せでした。
by はな (2013-08-14 11:57) 

moco

コメントありがとうございます。
私はまだ映画を見ていないのですが
療養所のベランダでベッドを出して
日光浴するシーンがあるみたいですね!
実際にも日光浴をしてたようですよ!
皆、病気をなおそうと励まし合っていたそうですよ!
by moco (2013-08-16 00:49) 

TB

はじめまして。ユーザー名のTBは英語で結核の意味です。

映画を見てこの療養所に関心をもち、機会あれば訪れてみたいと思ってたのですが、もう解体されたようですね…。残念です。せめて展示品は別の施設で保管もしくは展示してくれればいいのですが。

あと貴方は風立ちぬを見ましたか?もしそうでなければいい作品ですので(まだ公開してると思うので)1回映画館に行くといいでしょう。
by TB (2013-11-02 23:40) 

moco

コメントありがとうございます。
映画はまだ見ていません。まだやっているんでしょうか。
ゆっくりテレビで見ようかとあきらめかけていますw
by moco (2013-11-07 23:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。